iPhone(アイフォン)修理のダイワンテレコム池袋店は安さ・技術・部品品質で地域 No.1を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンテレコム池袋店で即日解決

修理内容一覧

REPAIR

iPhone『水没』したときの応急処置!!
やってはいけないNG行動

最近のiPhoneは生活防水機能が付いているので、水没の危険性はないかと思いがちです。

しかし絶対に水没しないということではありません。

過信してわざと水没させるなどの行為を行うと、故障してしまうでしょう。

安心してください。この記事で「水没の原因/対処法」「水没 の 交換部品例・時間・価格」 を書いていきます。

水没|交換パーツの例と時間と費用の目安

当社の修理例
状況 修理時間目安 費用目安
iPhone 水没 3時間程度 ¥10,000
iPad 水没 3時間程度 ¥20,000

※時期や製品状態によって時間・費用にやや変動がある場合があります。ご依頼前に確認を頂き、不安の無い状態で修理をお任せ頂けますようお願いします。

非正規店への不安・疑問へのお答え

当社は胸を張って「非正規店」であることを皆さんにお伝えします。その理由をお話します。

正規店と非正規店の違いは?

最大の違いはAppleに認められているか?ということです。
また、正規店はAppleから純正の修理部品を購入し修理を行います。

修理技術は大丈夫か?

正規店でも非正規店でも修理は技術者=人が行います。つまり技術者の力量次第ということです。

正規店だから安心、非正規店だから不安ということは言えないと思います。

我々は、他店から自社では対応不可能な基盤自体の修理を依頼され修理代行も行ってきました。これら技術に加えiPhone/iPad修理の専門知識を持った熟練の技術者が修理を担当させて頂きます。

これが我々の強みであり、決して技術力で正規店に引けを取ることはないと考えています。

部品は大丈夫か?

我々の使用する部品はAppleの純正品ではありません。我々はこれも胸を張ってお客様にお伝えします。

正規部品は、Appleからのみ購入しなければいけません。もちろん価格はメーカーにコントロールされています。お客様のために修理屋が部品価格を下げる努力が出来ません。

iPhoneは、アンドロイドスマホと違い、世界中で同じ製品が販売されています。そのためiPhoneに採用されている部品と同様の部品は世界に安く流通しています。

非正規店の我々は、これら正規品同等に良質で安い部品を調達することができます。
そしてお客様に適切な価格で修理を提供することが可能になっています。

なぜデーターを消さずに修理できるのか?

我々は基本的に必要箇所だけを修理するからです。多くの場合、直接的にデーターに関わる部分は修理に関係ありません。

しかし正規店は、Appleの方針なのでようか?保証の関係でしょうか?真実は分かりませんが一度リセットされるようですね。

修理依頼箇所以外にも不具合がないかをチェックのため、アクティベーションのためリセットしてお返しするのでしょう。

即日?なぜそんなに修理が早いのか?

我々は十分な修理用部品をもち、必要部分だけをしっかり修理して、即日・スピード対応を目指しています。

正規店が時間が掛かってしまう理由は正確には分かりませんがいくつか考えられることはあります。

アップルの純正保証サービスに加入されていらっしゃる方は 一定数いらっしゃいます。そんな方々は、高い保証サービス費用をお支払いですから使わない手は無いわけです。そうなればやはり正規店に持ち込まれるわけです。

しかし、正規店の数は決して多くありません。自然と早期の対応は難しくなるのではないでしょうか?その他、部品在庫に対する考え方、お渡しまでの手順など色々あるかもしれません。

極力の即日対応を目指している我々には正確なことは分かりません。

水没したときの対応

iPhoneのコマーシャルなどで、雨の中を外気にさらしながら走ってるのを見たことないですか?

このコマーシャルを見ると水没しないんだと勘違いする方もいると思いますが、必ずしも水没を防ぐとは限りません。

そこで万が一水の中に落としてしまったときの対処方法を、順番に説明させていただきます。

電源を切る

iPhoneを水没させてしまったら初めにやることは、デバイスの電源をOFFにしてください。

内部に水が侵入してきたときに電流が流れていると、機器がショートしてしまうからです。

ショートしてしまうと、修復不可能となるので必ず電源を切りましょう。

アクセサリーを外す

iPhoneに付けているカバーなどのアクセサリーを全て外してください。

アクセサリーを付けたままだと、隙間に入った水分が内部に侵入する可能性があるからです。

速やかに外す作業を行ってください。

水分をふき取る

iPhone本体・コネクター部分・スピーカーなどの水分を全て拭き取ってください。

コネクター部分などは、できるだけ綿棒などを使用して隅々まで水分を取り除いてください。

この水分を拭き取る作業によっても復旧率が変わる場合があります。

SIMカードを抜き出す

SIMピンなどを利用してSIMカードを取り出してください。

とても繊細でデリケートなので、取り扱いには十分気をつけましょう。

拭き取りが終わったらデバイスに戻すのではなく、大事に保管をしておきましょう。

本体を乾燥させる

上記の作業が一通り終わりましたら、次にデバイスを乾燥をさせていきます。

内部にまで浸透してしまった水分は中々取り除くことが困難です。

ここで電源を入れてしまうと、内部でショートする危険性もあるのでやめておきましょう。

自然乾燥もいいのですが、乾燥するまでにかなりの時間を必要とします。

そこでお菓子などに入っている乾燥剤を使用します。

タッパ・ジップロックなど密閉できる容器に、乾燥剤・iPhoneを一緒に入れてください。

この状態で24時間以上風通しの良いところに置いておきます。

乾燥が終了したら、電源を入れてデータのバックアップをしてください。

バックアップ終了後は、速やかにお近くのお店で修理をしてください。

水防後のNG行動

水没したときにやってはいけない行動があります。

間違ってやってしまうと、水分が内部全体に広がる可能性や故障の原因になります。

デバイスを振る

水が入ったのでやってしまいがちな行動ですが、絶対にやってはいけません。

デバイスを振ることで、中の水分が全体に広がってしまうからです。

振りたい気持ちはわかりますが、我慢してください。

ドライヤーでの乾燥

手っ取り早く乾燥しようとやってしまうのが、ドライヤーでの温風乾燥です。

温風が水分に含まれる物質に反応してしまい、内部の精密機器を破壊してしまいます。

ダメージが大きいと、修理に出しても復旧するのが極めて難しくなるので注意しましょう。

ケーブルの接続

水没したが問題なく使えるときにやりがちな行動で、ケーブルとPCを接続したり充電をしてしまうことです。

水没したときに入った水が電流で、機器をショートさせてしまいます。

内部浸水の影響がなく、「大丈夫だろう」という考えでしてしまう行動ですね。

まとめ

水没はアップルストアーではいかなる理由でも、保証対象外と言われています。

保険に加入していても、実費での修理となってしまうので気を付けたいですね。

水没してから早い時間で修理や対処することで、復旧する確率が上がると言われています。

当店での水没の修理は、2019年3月以降は80%の修復率を誇ります。

もし水没でお困りのときは、お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

ページの先頭へ戻る