iPhone(アイフォン)修理のダイワンテレコム池袋店は安さ・技術・部品品質で地域 No.1を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンテレコム池袋店で即日解決

修理内容一覧

REPAIR

iPhoneのスピーカー(下部)に不具合!?音に関するトラブルと修理

iPhoneからアラーム音が聴こえてこない!音の聴こえ方がおかしい! ……といったトラブルは発生していないでしょうか?

通知やアラーム、音楽鑑賞など、iPhoneから音が正常に聴こえてこない状況は不便ですよね。

iPhone7以降の機種のiPhoneには、スピーカーが上下にひとつずつ、計2箇所についています。

アラームなどの「音」に関するトラブルは、スピーカー(下部)の不具合が原因かもしれません。

この記事では、「スピーカー(下部)の不具合」をテーマに、修理の情報や不具合の対処方法についてお伝えいたします。

スピーカー(下部)不具合|交換パーツの例と時間と費用の目安

当社の修理例
交換パーツ例 修理時間目安 費用目安
iPhone スピーカー 20分程度 ¥5,000
iPad スピーカー 1時間程度 ¥9,500

※時期や製品状態によって時間・費用にやや変動がある場合があります。ご依頼前に確認を頂き、不安の無い状態で修理をお任せ頂けますようお願いします。

非正規店への不安・疑問へのお答え

当社は胸を張って「非正規店」であることを皆さんにお伝えします。その理由をお話します。

正規店と非正規店の違いは?

最大の違いはAppleに認められているか?ということです。
また、正規店はAppleから純正の修理部品を購入し修理を行います。

修理技術は大丈夫か?

正規店でも非正規店でも修理は技術者=人が行います。つまり技術者の力量次第ということです。

正規店だから安心、非正規店だから不安ということは言えないと思います。

我々は、他店から自社では対応不可能な基盤自体の修理を依頼され修理代行も行ってきました。これら技術に加えiPhone/iPad修理の専門知識を持った熟練の技術者が修理を担当させて頂きます。

これが我々の強みであり、決して技術力で正規店に引けを取ることはないと考えています。

部品は大丈夫か?

我々の使用する部品はAppleの純正品ではありません。我々はこれも胸を張ってお客様にお伝えします。

正規部品は、Appleからのみ購入しなければいけません。もちろん価格はメーカーにコントロールされています。お客様のために修理屋が部品価格を下げる努力が出来ません。

iPhoneは、アンドロイドスマホと違い、世界中で同じ製品が販売されています。そのためiPhoneに採用されている部品と同様の部品は世界に安く流通しています。

非正規店の我々は、これら正規品同等に良質で安い部品を調達することができます。
そしてお客様に適切な価格で修理を提供することが可能になっています。

なぜデーターを消さずに修理できるのか?

我々は基本的に必要箇所だけを修理するからです。多くの場合、直接的にデーターに関わる部分は修理に関係ありません。

しかし正規店は、Appleの方針なのでようか?保証の関係でしょうか?真実は分かりませんが一度リセットされるようですね。

修理依頼箇所以外にも不具合がないかをチェックのため、アクティベーションのためリセットしてお返しするのでしょう。

即日?なぜそんなに修理が早いのか?

我々は十分な修理用部品をもち、必要部分だけをしっかり修理して、即日・スピード対応を目指しています。

正規店が時間が掛かってしまう理由は正確には分かりませんがいくつか考えられることはあります。

アップルの純正保証サービスに加入されていらっしゃる方は 一定数いらっしゃいます。そんな方々は、高い保証サービス費用をお支払いですから使わない手は無いわけです。そうなればやはり正規店に持ち込まれるわけです。

しかし、正規店の数は決して多くありません。自然と早期の対応は難しくなるのではないでしょうか?その他、部品在庫に対する考え方、お渡しまでの手順など色々あるかもしれません。

極力の即日対応を目指している我々には正確なことは分かりません。

スピーカー(下部)の故障? 音のトラブルへの対処方法

電話の着信や音楽鑑賞など、日常生活でiPhoneを使用する時に欠かせないのが「音」です。

iPhone7以降に実装された本体下部のスピーカー「内蔵ステレオスピーカー」で、それまで以上の「音の臨場感」をiPhoneで楽しめるようになりました。

iPhoneのスピーカー(下部)のトラブルが発生した場合は、下記の対処方法をひとつずつチェックしてみましょう。

・内蔵ステレオスピーカーの破損をチェック
・「サイレントモード」の解除を確認
・音量レベルの確認
・音量バランスの確認
・ワイヤレスイヤホンの接続を解除
・iPhone本体の再起動を試す
・内蔵ステレオスピーカーを掃除してみる
・iPhone内部の劣化・故障が原因?

内蔵ステレオスピーカーの破損をチェック

「iPhoneを落とした」「強くぶつけてしまった」など、衝撃が強く与えられることによって内蔵ステレオスピーカー自体が壊れてしまうケースもあります。

まずは破損が無いか、iPhone本体の状態をチェックしましょう。

内蔵ステレオスピーカーは本体の下部にあるため、iPhoneを使用中に手から滑り落ちた場合にぶつけやすい箇所でもあります。

内臓ステレオスピーカーが破損している場合は、部品交換などの修理が必要です。

「サイレントモード」の解除を確認

「サイレントモード」である場合、スピーカーから音声は流れません。気付かない間に切り替わっていないでしょうか?

まずは「着信・サイレントスイッチ」の操作がスムーズに行えるか、「サイレントモード」の切り替え・解除を確かめましょう。

スイッチ操作にiPhoneが反応しない場合は、内蔵ステレオスピーカーではなくスイッチの故障がトラブル原因である可能性があります。

「勝手にサイレントモードに切り替わる」「スイッチを操作してもサイレントモードを解除できない」といったケースであれば、「着信・サイレントスイッチ」の修理も検討しましょう。

音量レベルの確認

■音量ボタンの操作は正常か?

音量ボタンを操作し、音量レベルがボタン操作で正常に動くことを確認してみて下さい。

音量ボタンが故障している場合は、 部品交換などの修理が必要です。

■音量レベルをチェック

iPhoneの本体設定から、音量レベルを確認しましょう。

音量レベルが正常値になければ、音量を調節してみて下さい。調節後、あらためて内蔵ステレオスピーカーからの音声を確認してみましょう。

「無意識に音量ボタンに触れていた」など、気がつかないうちに音量レベルが低下していることもあります。

■アプリ毎の個別の音量設定を確認する

動画アプリや音楽アプリなどによっては、iPhone本体の音量レベルとは別に、個別の音量設定ができる仕様になっている場合があります。

別のアプリでも同じ不具合が発生するかどうか試してみましょう。

音量バランスの確認

iPhone上部のイヤースピーカー(耳に当たる部分)と下部の内臓ステレオスピーカーから聴こえてくる音のバランスがおかしい場合は、音量バランスの調整が上手くできていない可能性もあります。

iPhoneの音量バランスを調節してみましょう。

ワイヤレスイヤホンの接続を解除

内蔵ステレオスピーカーに音声が流れてこないのは、イヤホンが優先されてしまっているからかもしれません。

ワイヤレスイヤホンが接続されたままの状態ではありませんか?

一度Bluetooth機器などのワイヤレス接続を解除し、どの機器ともペアリングしていない状態で、あらためて内蔵ステレオスピーカーから音声が流れるか確かめてみましょう。

いくつものBluetooth機器とペアリングされていると、トラブルの原因がどれなのか判別しにくくなります。

ワイヤレス接続を全てOFFにすることで改善するかもしれません。

iPhone本体の再起動を試す

■ソフトウェアの不具合

内蔵ステレオスピーカー自体ではなく、ソフトウェア面でのエラーが原因である場合もあります。

アプリやシステムのプログラムが不具合を起こし、スピーカーへの音声出力に支障をきたしているのかもしれません。

ソフトウェア面でのエラーがトラブルの原因である時は、「再起動」をすることで問題が解決する場合があります。

iPhone本体を再起動してみましょう。

■ソフトウェアの不具合

内蔵ステレオスピーカー自体ではなく、ソフトウェア面でのエラーが原因である場合もあります。

アプリやシステムのプログラムが不具合を起こし、スピーカーへの音声出力に支障をきたしているのかもしれません。

ソフトウェア面でのエラーがトラブルの原因である時は、「再起動」をすることで問題が解決する場合があります。

iPhone本体を再起動してみましょう。

新しいアプリのインストールはしていないか?

新しいアプリをインストールした直後に不具合が起こった場合は、アプリとiPhone本体の相性やプログラム処理にトラブル原因があるのかもしれません。

再起動の他、アプリを入れ直すことで改善することもあります。

内蔵ステレオスピーカーを掃除してみる

内臓ステレオスピーカーは、穴が細かくあいた部品です。

細かな穴に「ホコリ・砂」などのゴミが詰まることによって、内臓ステレオスピーカーからの音が聴こえづらくなっているのかもしれません。

ゴミが詰まったことがトラブルの原因である場合は、掃除をしてゴミを取り除くことで改善する可能性があります。下記の方法を試してみて下さい。

・粘着性のあるものを使って、スピーカー周囲のゴミを取り除く(セロハンテープ など)
・空気を利用して、穴の内部に入り込んだ細かいゴミを吹き飛ばす(エアダスター など)
・先の細い道具でゴミをかき出す(つまようじ など)
・柔らかい布でスピーカーの周囲を拭く(めがね拭きの布 など)

掃除には、誤ってゴミをより内部へと押し込んでしまうリスクもあります。状況が悪化する場合がありますのでご注意下さいね。

なかなかゴミを除去できない場合は、無理をせずに修理店にお任せ下さい。

iPhone内部の劣化・故障?

音量レベルの調節や掃除をしたにもかかわらず「レベルに応じた大きさの音が正常に流れない」のであれば、iPhone内部にトラブル原因が隠れているかもしれません。

外見からは故障していないように見えても、実際にはiPhone内部で部品が劣化・故障していることもあります。

■自然劣化

何年もiPhoneを使っている内に起こる部品の劣化です。

■水没・落下などによる故障

「水没・落下」といったアクシデントでiPhoneが内側から故障し、内臓ステレオスピーカーに影響が出ているかもしれません。

特に水没には要注意です。スピーカーは細かな穴が空いた部品のため、雨や汗など、わずかな水でも内部に侵入してしまう可能性があります。

内部の部品の劣化・故障が原因である場合は、残念ながらiPhoneを分解して修理しなければ直らないかもしれません。

スピーカー(下部)が壊れてしまったら、どうすればいい?

スピーカーはiPhoneにとって欠かすことのできない部品です。音声出力が正常に働かない状態は、不便でイライラしてしまいますよね。

iPhoneの買い替えも頭をよぎるかもしれませんが……内蔵ステレオスピーカーに不具合があった場合は、よければこちらの方法も試してみて下さい。

・外付けスピーカーやイヤホンを活用
・Apple公式サポートに相談する
・修理店に修理を依頼する

他の音声出力グッズを活用

不具合のある内蔵ステレオスピーカーの代わりに、「iPhone用の外付けスピーカー」や「イヤホン」など、他の音声出力グッズを活用することもできます。

Apple公式サポートへ相談する

保証期間内での劣化や自然故障がトラブルの原因であれば、Appleの無料修理・交換ができるかもしれません。

保証書やシリアル番号などから保証期間内かどうかを確認してみて下さい。端末の故障が保証期間内の場合、Apple公式サポートに連絡してみることをおすすめいたします。

修理店に修理を依頼する

内蔵ステレオスピーカーの部品交換や、iPhoneを分解して徹底的に掃除したい時には、専門家の手で行うことが安心・確実です。

内蔵ステレオスピーカーに不具合があれば、修理店にご相談下さい。

ダイワンテレコム池袋店では、iPhone・iPadの修理も承っております。
お気軽にご相談下さい。

まとめ

電話の着信や音楽鑑賞など、日常生活でiPhoneを使用する時に「音」は欠かせません。

iPhoneの音に関するトラブルは、スピーカー(下部)の不具合がトラブル原因の場合があります。

iPhone下部のスピーカーがおかしいと感じたら、まずサイレントモードやiPhone本体・アプリの音量設定を確認してみましょう。内蔵ステレオスピーカーの掃除や、再起動で改善するケースもあります。

それでも不具合が改善しなければ、内蔵ステレオスピーカーの不具合が原因かもしれませんので、公式サポートや修理店にご相談下さいね。

修理をご依頼の際は、非正規店での修理もぜひご検討ください。
ダイワンテレコム池袋店は、心を込めてお客様のiPhoneを修理させていただきます。

ページの先頭へ戻る