iPhone(アイフォン)修理のダイワンテレコム池袋店は安さ・技術・部品品質で地域 No.1を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンテレコム池袋店で即日解決

修理内容一覧

REPAIR

iPhone『近接センサー故障』意外と気が付いていない症状

iPhoneで通話しているときに画面が暗くなることがありませんか?

これは近接センサーという機能が働いているからです。

通話中に誤動作を起こさないようにする機能です。

通話中は顔にiPhoneが触れていることが多い。肌の接触で通話を解除しないような働きがある。

しかし『近接センサー故障』してしまうと、通話中に誤動作を引きを越してしまうのです。

顔にiPhoneを近づけても画面が暗くならないときは、近接センサーの故障かもしれません。

安心してください。この記事で「近接センサー故障の原因/対処法」「近接センサー の 交換部品例・時間・価格」 を書いていきます。

近接センサー故障(インカメラ)|交換パーツの例と時間と費用の目安

当社の修理例
交換パーツ例 修理時間目安 費用目安
iPhone インカメラ 20分 ¥5,000
iPad インカメラ 2時間 ¥8,000

※時期や製品状態によって時間・費用にやや変動がある場合があります。ご依頼前に確認を頂き、不安の無い状態で修理をお任せ頂けますようお願いします。

非正規店への不安・疑問へのお答え

当社は胸を張って「非正規店」であることを皆さんにお伝えします。その理由をお話します。

正規店と非正規店の違いは?

最大の違いはAppleに認められているか?ということです。
また、正規店はAppleから純正の修理部品を購入し修理を行います。

修理技術は大丈夫か?

正規店でも非正規店でも修理は技術者=人が行います。つまり技術者の力量次第ということです。

正規店だから安心、非正規店だから不安ということは言えないと思います。

我々は、他店から自社では対応不可能な基盤自体の修理を依頼され修理代行も行ってきました。これら技術に加えiPhone/iPad修理の専門知識を持った熟練の技術者が修理を担当させて頂きます。

これが我々の強みであり、決して技術力で正規店に引けを取ることはないと考えています。

部品は大丈夫か?

我々の使用する部品はAppleの純正品ではありません。我々はこれも胸を張ってお客様にお伝えします。

正規部品は、Appleからのみ購入しなければいけません。もちろん価格はメーカーにコントロールされています。お客様のために修理屋が部品価格を下げる努力が出来ません。

iPhoneは、アンドロイドスマホと違い、世界中で同じ製品が販売されています。そのためiPhoneに採用されている部品と同様の部品は世界に安く流通しています。

非正規店の我々は、これら正規品同等に良質で安い部品を調達することができます。
そしてお客様に適切な価格で修理を提供することが可能になっています。

なぜデーターを消さずに修理できるのか?

我々は基本的に必要箇所だけを修理するからです。多くの場合、直接的にデーターに関わる部分は修理に関係ありません。

しかし正規店は、Appleの方針なのでようか?保証の関係でしょうか?真実は分かりませんが一度リセットされるようですね。

修理依頼箇所以外にも不具合がないかをチェックのため、アクティベーションのためリセットしてお返しするのでしょう。

即日?なぜそんなに修理が早いのか?

我々は十分な修理用部品をもち、必要部分だけをしっかり修理して、即日・スピード対応を目指しています。

正規店が時間が掛かってしまう理由は正確には分かりませんがいくつか考えられることはあります。

アップルの純正保証サービスに加入されていらっしゃる方は 一定数いらっしゃいます。そんな方々は、高い保証サービス費用をお支払いですから使わない手は無いわけです。そうなればやはり正規店に持ち込まれるわけです。

しかし、正規店の数は決して多くありません。自然と早期の対応は難しくなるのではないでしょうか?その他、部品在庫に対する考え方、お渡しまでの手順など色々あるかもしれません。

極力の即日対応を目指している我々には正確なことは分かりません。

近接センサー故障の原因と対処方法

近接センサーは、フロントカメラの横に位置しています。

赤外線センサーを利用しており、顔を一定の距離に近づけると反応します。

故障することはほとんどありませんが、システム異常・汚れ・破損などで起こることがあります。

システム異常

購入したばかりなのに、近接センサーが反応しない。

通話してると画面操作が勝手に行われて、困るなんてことが。

逆に、画面が真っ暗のままで操作ができない。通話を切断することができないなんてことも。

■原因

センサーの反応が正常ではない場合、システムの異常が考えられます。

■対処方法

iPhoneの電源をOFFにして、電源を入れ直してください。

再起動することにより、システムが正常に動くことが多いです。

再起動しても改善されない場合は、iPhone専門店で点検・修理をすることをおすすめします。

汚れによるもの

センサーが反応したり、しなかったりと不安定なときがあります。

「故障したのかな?」そんなことを思ってしまいますよね。

■原因

iPhoneを使っていたら、皮脂汚れや他の汚れが付いてしまうことがあります。

汚れが付着したことにより、センサーがうまく作動していないことが原因だと思います。

■対処方法

センサー部分の汚れを布などで拭き取ってください。

汚れを拭きとっても反応しないときは、システムに異常があるかセンサー自体が壊れているかも知れません。

お近くの修理店で見てもらい修理を行いましょう。

破損によるもの

iPhoneを落としてしまい、フロントガラスを破損したことありませんか?

修理に出さずに、そのまま使用している人も多いのではないでしょうか。

■原因

iPhone落下による、フロントガラスの破損や衝撃での破損が原因と考えられます。

近接センサー部分のガラスが破損していて、センサーが正常に作動できない状態です。

衝撃が原因でセンサー自体が破損している場合もあります。

■対処方法

iPhoneを落としてしまうと、色々なところに影響が出てしまいます。

破損が見られる場合は直ぐに修理をしてください。

当店でも修理を行なっていますので、お気軽にお電話下さい。

まとめ

近接センサーは意外と知られていないですが、とても大事な役割をしています。

電話をすることが多い人には、ないと困る機能ではないでしょうか。

電話中に「ピピッ」とボタンを押してしまえば、通話の邪魔にもなりますよね。

勝手に通話終了してしまい、相手を不快にさせてしまいます。

近接センサーなら大丈夫と思わず、不具合があれば修理をしてください。

当店ではご相談も受け付けていますので、お気軽にお電話頂けたらと思います。

ページの先頭へ戻る