iPhone(アイフォン)修理のダイワンテレコム池袋店は安さ・技術・部品品質で地域 No.1を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンテレコム池袋店で即日解決

修理内容一覧

REPAIR

iPhone『カメラ故障』のよくある原因!!試してみたい対処法!

SNSの復旧により、iPhoneカメラで写真・動画を撮ることが多くなっています。

カメラが突然動かなくなったとき「どうしよう」となってしまいますよね。

『カメラ故障』にはシステム的な物と、外傷的なものに分けられます。

安心してください。この記事で「カメラ故障の原因/対処法」「カメラ の 交換部品例・時間・価格」 を書いていきます。

カメラ故障|交換パーツの例と時間と費用の目安

当社の修理例
交換パーツ例 修理時間目安 費用目安
iPhone カメラ本体 30分程度 ¥4,800
iPad カメラ本体 2時間程度 ¥12,500

※時期や製品状態によって時間・費用にやや変動がある場合があります。ご依頼前に確認を頂き、不安の無い状態で修理をお任せ頂けますようお願いします。

非正規店への不安・疑問へのお答え

当社は胸を張って「非正規店」であることを皆さんにお伝えします。その理由をお話します。

正規店と非正規店の違いは?

最大の違いはAppleに認められているか?ということです。
また、正規店はAppleから純正の修理部品を購入し修理を行います。

修理技術は大丈夫か?

正規店でも非正規店でも修理は技術者=人が行います。つまり技術者の力量次第ということです。

正規店だから安心、非正規店だから不安ということは言えないと思います。

我々は、他店から自社では対応不可能な基盤自体の修理を依頼され修理代行も行ってきました。これら技術に加えiPhone/iPad修理の専門知識を持った熟練の技術者が修理を担当させて頂きます。

これが我々の強みであり、決して技術力で正規店に引けを取ることはないと考えています。

部品は大丈夫か?

我々の使用する部品はAppleの純正品ではありません。我々はこれも胸を張ってお客様にお伝えします。

正規部品は、Appleからのみ購入しなければいけません。もちろん価格はメーカーにコントロールされています。お客様のために修理屋が部品価格を下げる努力が出来ません。

iPhoneは、アンドロイドスマホと違い、世界中で同じ製品が販売されています。そのためiPhoneに採用されている部品と同様の部品は世界に安く流通しています。

非正規店の我々は、これら正規品同等に良質で安い部品を調達することができます。
そしてお客様に適切な価格で修理を提供することが可能になっています。

なぜデーターを消さずに修理できるのか?

我々は基本的に必要箇所だけを修理するからです。多くの場合、直接的にデーターに関わる部分は修理に関係ありません。

しかし正規店は、Appleの方針なのでようか?保証の関係でしょうか?真実は分かりませんが一度リセットされるようですね。

修理依頼箇所以外にも不具合がないかをチェックのため、アクティベーションのためリセットしてお返しするのでしょう。

即日?なぜそんなに修理が早いのか?

我々は十分な修理用部品をもち、必要部分だけをしっかり修理して、即日・スピード対応を目指しています。

正規店が時間が掛かってしまう理由は正確には分かりませんがいくつか考えられることはあります。

アップルの純正保証サービスに加入されていらっしゃる方は 一定数いらっしゃいます。そんな方々は、高い保証サービス費用をお支払いですから使わない手は無いわけです。そうなればやはり正規店に持ち込まれるわけです。

しかし、正規店の数は決して多くありません。自然と早期の対応は難しくなるのではないでしょうか?その他、部品在庫に対する考え方、お渡しまでの手順など色々あるかもしれません。

極力の即日対応を目指している我々には正確なことは分かりません。

カメラ故障の原因と対処方法

カメラの故障にはどのような症状・原因があるのか?

シャッター速度が遅かったり、起動できなかったりと症状は様々です。

症状別に原因や対策など考えていきましょう。

カメラの反応が悪い

写真を撮ろうとして「シャッターボタン」を押すと、数秒後にシャッターが切れるなんてことないですか?

カメラが「フリーズ」するなんて症状もあるかと思います。

■原因

考えられる原因としては、iPhone本体のデータ容量がいっぱいで、アプリの処理速度が低下していると考えられます。

■対処方法

本体内部の不要なデータを削除するか、パソコンなどにデータを移動することで改善されることが多いです。

容量に空きができると、スムーズに反応すると思います。

カメラアプリの不具合

アプリを起動しようとしても開かない、カメラ画面が真っ暗になるなどの症状があります。

何度起動しても反応は同じで困ったことありませんか?

■原因

他のアプリが正常に作動しているのであれば、システムの何らかの不具合が考えられます。

アプリのアップデート後に起こるのであれば、システム異常と考えられるでしょう。

■対処方法

まずは電源をOFFにして再起動を行ってください。

再起動することにより、システムが改善されて普段と変わらずに使えるようになることが多いです。

それでも改善されない場合は、アプリの開発元にシステム改善の連絡をしてください。

外傷での破損

「iPhoneを落としてしまった」ってよくありませんか?

衝撃が強くてカメラのレンズなどが割れてしまうケースは多くあります。

iPhone6以降から、カメラのレンズが前に飛び出たデザインに変更されています。

衝撃を受けやすくなって、破損するケースがとても多くなっているのです。

■原因

落下などの衝撃でカメラレンズが破損し、カメラも故障してしまう原因が考えられます。

カメラはとても繊細な機器で、カメラレンズが割れたことにより保護するものがなくなってしまったためです。

■対処方法

カメラを個人で修理するのは難しく、アップルストアなどで修理をするほかありません。

カメラが故障したら、すぐに修理に出しましょう。

まとめ

カメラの故障にはシステム的なものと、外傷によるものが多いことが考えられます。

再起動すると症状が治ったというケースも多く聞きますので、まずは再起動してみましょう。

改善されなければ他の原因が考えられるので、アップルサポートに電話して相談するのもいい考えです。

外傷による破損は、すぐに修理に出すのがいちばんいいです。

放置すると他の部分にも不具合を引き起こす可能性が出てしまうからです。

当店でも相談や修理などのサポートを行っております。

何か困ったことがあれば、お気軽にお電話してください。

ページの先頭へ戻る