iPhone(アイフォン)修理のダイワンテレコム池袋店は安さ・技術・部品品質で地域 No.1を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンテレコム池袋店で即日解決

修理機種一覧

MODEL

「iPhoneXS MAX」ってどんな機種?|仕様・特徴と修理情報まとめ

様々な機種が展開されているiPhone、購入する時はどの機種にすればいいのか迷ってしまいますよね。

機種によって、主な仕様や特徴が異なります。
まずは情報を知ることから始めましょう!

この記事では、2018年発売の「iPhoneXS MAX」がどのような機種か、仕様や特徴、修理の情報についてお伝えいたします。

iPhone XS Max:主な仕様

iPhoneXS MAX iPhone8
6.5インチSuper Retina HDディスプレイ 4.7インチRetina HDディスプレイ
ガラスとステンレススチールのボディ ガラスとアルミニウムのボディ
デュアル12MPカメラ(広角と望遠) シングル12MPカメラ(広角)
7MP最大60fpsの1080p HDビデオが撮れるTrueDepthカメラ 7MP30fpsの1080p HDビデオが撮れるFaceTime HDカメラ
Face ID Touch ID
第2世代のNeural Engine搭載 A12 Bionicチップ Neural Engine搭載 A11 Bionicチップ
iPhone Xより最大1.5時間長いバッテリー駆動時間 iPhone 7とほぼ同じバッテリー 駆動時
水深2メートルで最大30分間の耐水性能 水深1メートルで最大30分間の耐水性能

iPhone XS Maxの主な特徴

メリット

まだまだ現役のiPhoneXS MAXには、下記のようなメリットがあります。

・大画面の有機ディスプレイで動画鑑賞も迫力抜群!
・デュアルカメラ搭載で自在な撮影を楽しめる!
・最新の顔認証システム「Face ID」が使用できる!
・iPhone自体が機械学習できる!(A12 Bionic)
・ワイヤレス充電・高速充電でノンストレス!
・IP68等級クリアで抜群の耐水性能!
・音楽鑑賞をステレオで楽しめる!
・決済システム「Felica」で改札もスムーズ!
・iPhone11よりも安く購入できる!

デメリット

メリットがある一方で、iPhoneXS MAXにはデメリットもあります。

・ホームボタンが無い
・iPhone11の登場により、Appleストアでの販売が終了(SoftBank、au、docomoでは引き続き購入可能)

■ホームボタンが無い

iPhoneXS MAXには、ホームボタンがありません。

ホームボタンのある機種から機種変更した場合は、操作性の違いなどで戸惑ってしまうかもしれません。

■Appleストアでの販売が終了

iPhone11の登場により、iPhoneXS MAXはAppleストアでの販売が終了しました。

引き続きキャリアでは取り扱いが継続されています(※)ので、購入を検討する場合は各キャリアへお問い合わせ下さい。

iPhone XS Max:主な特徴

6.5インチの迫力大画面!

iPhoneXS MAXのディスプレイは、6.5インチの大画面!
有機ELディスプレイの採用でグラフィックも一段と美しくなりました。

操作性が良くなるだけではなく、動画鑑賞やゲームで迫力のある映像を楽しむことができます。

■ホームボタンの廃止

ホームボタンが無いiPhoneXS MAXでは、従来の機種であればホームボタンがついている部分まで画面が広がっています。

■ベゼルレスのデザイン

ベゼル(枠)の無いデザインによって、iPhoneのボディの際まで画面が広がりました。

枠が視界に入りにくくなって、動画にも集中しやすい設計です。

大画面と機械学習でスムーズ操作!

■大画面でタッチ・スワイプがしやすい

ホームボタンが廃止された分、iPhoneXS Maxは大画面になりました。

小さい画面でちまちまと操作するよりも、大きな画面で見やすく・触りやすい操作をすることができるのです。

■処理能力に優れた「A12 Bionic」を搭載

搭載されている「A12 Bionic」の処理能力も、iPhoneXS MAXのスムーズな操作性に欠かせません。

人間の体にたとえると、脳に当たります。
優秀な頭脳を持っているほど、処理は素早くなるのです。

「A12 Bionic」は処理能力が極めて優秀で、さらに機械学習をすることができます。サクサクと進む操作性は大きなメリットといえるでしょう。

毎日がノンストレス! ワイヤレス充電

iPhoneXS MAXは、「ワイヤレス充電」をすることができます。

専用の台にiPhoneXS MAXを置くだけで充電が開始される機能です。Lightningケーブルを挿す手間が省けるので、とても便利ですね!

もちろん、従来通りにLightningケーブルを挿す方法でも充電できますので、好みや用途に合わせてどちらの充電方法にするか選ぶことが可能です。

とても頑丈! 優れた耐久性のボディ

6.5インチと画面が大きい分、「耐久性ってどうなの?」と不安に思う方もおられるでしょう。

iPhoneXS MAXは全面がガラス仕様ですが、それまでに比べ「最も強靭(きょうじん)」なガラスが採用されているそうです。

この情報からもわかる通り、iPhoneXS MAXはとても丈夫なのですね。

しかし、いくら丈夫でも衝撃への耐久には限界がありますので、落下させたりしないようにご注意下さいね!

従来よりワンランク上の耐水性能

iPhoneXS MAXの耐水性能は、性能を示す等級である「IP68等級」をクリアしています。

それ以前の機種(たとえばiPhone8)では、耐水性能はIP67等級でした。
耐水性能が向上しているのです。

IP68等級の性能は、「水深2メートルに水没しても30分耐えられる」ことです。

精密機械であるiPhoneにとって、「水」は致命的な故障原因になりかねない危険なもの。耐水性が良いのは嬉しいポイントですね!

予備電源でSuicaが使える!

キャッシュレス化が進む時代ですが、「Suica」などを登録することによりiPhoneでもスイスイと電車やバスに乗ることができるようになりました。(※ iPhone7以降の機能です)

これまではバッテリー残量がなくなってしまうとSuicaの機能も使えなくなってしまう状態でしたが、iPhoneXS MAXはその心配がありません。

バッテリーが切れても、予備電源でSuicaなどを使用することができます。

いつバッテリーが無くなるかとヒヤヒヤすることがなくなるので、とてもありがたいですね!

デュアルカメラで撮影が楽しめる

■「デュアル12MPカメラ」を搭載

性能がとても良いカメラを搭載していることも、iPhoneXS MAXの魅力です。

デュアルカメラによって、従来のカメラ機能よりも鮮明で細部まではっきりと写った写真を楽しめるようになりました。

■「スマートHDR」機能

「スマートHDR」とは、「明るい部分・暗い部分を鮮明に撮影することができる」機能です。

従来のカメラでは、明るい部分があると白く光って写ってしまう・陰が暗すぎて真っ黒に写ってしまうといったことがありました。
iPhoneXS MAXでは、より進化した撮影を楽しむことができます。

■ポートレートモードやエフェクト

ピントを合わせた被写体以外をわざとボケさせることで被写体が引き立つ、「ボケ効果」などを使用することができます。

さらに、「自然光スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ)」の6つのエフェクトを使うこともできます。

iPhone XS Max:不具合・故障

機械である以上、どんなに性能がよくても、残念ながら不具合や故障は完全に避ける事はできません。

iPhoneXS MAXでは、下記のような不具合・故障が発生しているようです。

・液晶画面のトラブル
・ディスプレイの破損

もちろん、これら以外の不具合・故障が起こる可能性もあります。
「調子がおかしいな」と感じたら、無理をせずにApple公式サポートへの連絡や修理もご検討下さいね。

液晶画面のトラブル

・液晶画面がフリーズしてしまって、電源を切ることもできない
・画面に縦線が入ってしまって消えない

など、液晶画面に不具合が発生した事例があります。

液晶画面の故障の他、プログラムのエラーも原因かもしれません。

ディスプレイの破損

6.5インチの大画面が魅力のiPhoneXS MAXでは、ディスプレイの破損トラブルが最も多いようです。

強靭なガラスが使用されていても、耐久にはやはり限度があります。

落下の衝撃などで強いダメージが加わると、画面が破損してしまう場合があるので注意しましょう。

iPhone XS Max:故障の際に確認すること

不具合や故障はいきなり起きてしまう物です。
では故障してしまった場合、まず何をすればいいのか?何ができるのか?

【iPhone XS Max】は、64GBで13万円クラス、512GBでは18万円を超える高価格となっています。(2018年発売当初)

これだけ高価なiPhoneですので、万が一の故障の時の為にもいくつか確認しておく必要がある事をご紹介させていただきます!

シリアル番号で確認

【iPhone XS Max】を購入すると必ず保証書が貰え、メーカー保証が1年間有効です。

保証書の期限をみれば、iPhoneの製品保証期間内かを知ることができます。

ですが、「どこにしまったかわからない」「なくしてしまった」という方もいると思いますが、安心してください。

そんな時でも大丈夫です!「iPhone XS Max」の本体には実は、シリアル番号があるので、これを見る事で保証期間内であるのかの確認が行えます。

AppleCare+ for iPhoneの確認

『iPhone XS Max』も、メーカー保証の1年間とは別に、[AppleCare+ for iPhone]に加入することができます。

加入しているかたは、期限内なのか確認する必要があります。

加入されていない方は万が一、壊れてしまった時の代償が大きい為加入しておくのもいいかもしれません。

保証サービス未加入の方

AppleCareや他の保証サービス未加入の方、万が一故障や不具合があった場合『修理が高い!』などと安易に新機種乗り換えではなく、一度当店【ダイワンテレコム池袋店】にお問い合わせください。

きっと何かお手伝いが出来る事があるかと思います。

まとめ

2018年発売の「iPhoneXS MAX」は、iPhone11の登場によりAppleストアからは購入することができなくなりましたが、キャリア各店では引き続き購入することができます

・サクサクと動く操作性
・迫力のある6.5インチの有機ELディスプレイ大画面
・性能の良いデュアルカメラ搭載
・Suicaが使える  など

これらの特徴が気になった方は、iPhoneXS MAXも検討しましょう。
まだまだ現役! おすすめできる機種です。

ページの先頭へ戻る