iPhone(アイフォン)修理のダイワンテレコム池袋店は安さ・技術・部品品質で地域 No.1を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンテレコム池袋店で即日解決

修理機種一覧

MODEL

まだまだ現役『iPhone5s』おすすめしたい理由!!

毎年のように新しいシリーズのiPhoneが発売されています。

最近のiPhoneは販売価格が高騰して、気軽に購入することができません。

サイズや機能の進化で「使いづらいくなってきた」という声も。

シンプルでスマートに使いたい、そんな方におすすめな機種があります。

2012年に販売された『iPhone5s』をおすすめします。

iPhone5s基本情報

機種名 iPhone5s
ディスプレイサイズ 4インチ
画質 1,136 x 640
チップ A7チップ
容量 16GB/32GB/64GB
ID認証 Touch ID
ホームボタン 有り

iPhone5sのサイズと重量

高さ 123.8 mm
58.6 mm
厚さ 7.6 mm
重量 113 g

iPhone5sの特徴

iPhone5sからTouch IDや64ビット A7チップxM7モーション コ・プロセッサなど、最先端の技術が詰め込まれた機種でした。

外観もアルミボディーの高級感漂うスタイルです。

今でもiPhone5モデルが1番というユーザーさんも少なくありません。

・コンパクト感
・低価格
・カメラ性能
・動作環境
・イヤホンジャック

コンパクト感

最近のiPhoneの特徴といえば、薄くて大きいという「イメージ」があります。

片手で操作するのが難しい印象を受けるのは私だけでしょうか?

手にフィットする感覚がなく、滑りやすいというイメージがあります。

iPhone5シリーズは使ってみるとわかるのですが、手の中にすっぽりと収まるデザインです。

片手で操作するのに優れたデザインと言えるでしょう。

低価格

今ではiPhone5sの生産はストップされています。ios13のアップデートができないことにより、アップルのサポートも終わってしまいました。

3G回線の終了とともに、携帯3社でも次々にサポートが終了していきます。

AUでは2022年・SoftBankでは2024年・docomoでは2026年と通信が使えなくなってしまいます。

そのため値崩れが起こり、今では1万円以下で取引がされています。

カメラ性能

iPhoneのカメラは高性能で、一眼レフカメラに匹敵する性能があります。

今では普通となった「バーストモード」「スローモーションビデオ」も、iPhone5sから使えるようになった機能です。

  画素数は800万画素とiPhone11 Proに比べたら物足りない感じはするかと思います。

動作環境

いちばん気になるのがiPhoneの動作ではないでしょうか。

ネットサーフィンをするときに、ブラウジングが遅いと使い勝手が悪くなりますよね。

ゲームをするのに動きが悪くフリーズばかりなら使う意味がないと思います。

iPhone5sで使用してみた感想ですが、スムーズに問題なく動いている感じがします。

ゲームもストレスなくプレイができました。

システムの問題で遊べるゲームは限られてしまいますが。

イヤホンジャック

iPhone 7以降からイヤホンジャックがなくなってしまいました。

有線で音楽を聴くときは、Lighthingコネクタに変換器を付けないといけません。

Lighthingコネクタは小さいのでよく紛失してしまい、何度も購入した人いるのではないでしょうか。

Phone5sにはイヤホンジャックがあるので、そのままイヤホンのコードを挿入して使用できます

iPhone5sのデメリット

アップルサポート終了

2019年9月にサポート終了となりました。

サポート終了によりセキュリティー面が心配になってしまいます。

2段階認証を設定しておくと、セキュリティー強化できるようです。

防水性能がない

iPhone7以降に防水機能が追加されました。

防水機能により、水濡れの故障が少なくなってきたのです。

iPhone5sは防水機能がなく、水回りでの使用は故障のリスクが高まります。

電子マネー決済が出来ない

キャッシュレス時代となった現代ですが、iPhone5sはApple Payに対応していません。

電子マネー決算・ICカードなど今は便利に使えますが、iPhone5sは使用できないのです。

おサイフケータとして使えない

最近のiPhoneはちょっとしたことで、破損や不具合が多くなってきたように思います。

しかしiPhone5s以前は故障や不具合が少なかったのです。

それでも使用することにより、故障はある程度起こります。

iPhoneのデザインが変わってしまったのも、故障が多くなった理由ではないでしょうか。

画面割れ

iPhone5sの不具合で多かったのは、画面割れだと言われています。

しかし、iPhone6以降の方が画面割れは多くなりました。

薄くなったボディーに、丸みを帯びたデザインが原因だと考えられる。

不注意でiPhoneを落としたことが原因で起きてしまいます。

iPhone5sは手にフィットするので、落下することは少ないようです。

もし画面が割れてしまっても、修理用の部品はまだまだ在庫を蓄えております。

故障してしまったら当店にご連絡いただければ、対応させて頂きますのでお気軽にお電話下さいませ。

水濡れ

画面割れに次いで多いのが、水濡れによる故障です。

防水機能がなく、水分が内部に浸透するために起きてしまいます。

水回りでの使用を控えれば、故障のリスクは軽減されるでしょう。

iPhone5s:故障の際に確認すること

不具合や故障はいきなり起きてしまう物です。
では故障してしまった場合、まず何をすればいいのか?何ができるのか?

高価なiPhoneですので、万が一の故障の時の為にもいくつか確認しておく必要がある事をご紹介させていただきます!

シリアル番号で確認

「iPhone5s」を購入すると必ず保証書が貰え、メーカー保証が1年間有効です。

保証書の期限をみれば、iPhoneの製品保証期間内かを知ることができます。

ですが、「どこにしまったかわからない」「なくしてしまった」という方もいると思いますが、安心してください。

そんな時でも大丈夫です!「iPhone5s」の本体には実は、シリアル番号があるので、これを見る事で保証期間内であるのかの確認が行えます。

AppleCare+ for iPhoneの確認

「iPhone5s」も、メーカー保証の1年間とは別に、[AppleCare+ for iPhone]に加入することができます。

加入しているかたは、期限内なのか確認する必要があります。

加入されていない方は万が一、壊れてしまった時の代償が大きい為加入しておくのもいいかもしれません。

保証サービス未加入の方

AppleCareや他の保証サービス未加入の方、万が一故障や不具合があった場合『修理が高い!』などと安易に新機種乗り換えではなく、一度当店【ダイワンテレコム池袋店】にお問い合わせください。

きっと何かお手伝いが出来る事があるかと思います。

まとめ

機能的には最新の機種には負けてしまいますが、シンプルに使いたいという方にはおすすめです。

ゲームや動画ではなく、携帯電話として使う方には本当に使いやすいモデルかと思います。

ほとんどが中古品しかありませんが、お値段もお手頃なので費用を抑えたい方には本当にありがたい機種です。

まだまだ現役で使えるiPhone5sを使ってみるのもいいかもしれません。

ちなみに私もサブ機としていまだに現役で使用しています。

ページの先頭へ戻る