iPhone(アイフォン)修理のダイワンテレコム池袋店は安さ・技術・部品品質で地域 No.1を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンテレコム池袋店で即日解決

修理機種一覧

MODEL

『iPhone11』の新機能と仕様・特徴

2019年9月にiPhone11シリーズ「iPhone11」「iPhone11Pro」「iPhone11Pro MAX」の3機種が同時に発売されました。

iPhone11シリーズはiPhone史上最も進化を遂げたシリーズではないでしょうか。

今回はiPhone11シリーズの中から、iPhone11の仕様・特徴を見ていきましょう。

「iPhone11」の仕様

機種名 iPhone11
ディスプレイサイズ 6.1インチ
カラー ブラック グリーン イエロー パープル プロダクトレッド ホワイト
カメラ 1200万画素 デュアルカメラ
ID認証 Face ID
チップ A13 Bionicチップ

「iPhone11」の特徴

ディスプレイ

iPhone11のディスプレイは液晶ディスプレイを使用しています。

iPhone11Proでは有機ELディスプレイを使用しているため、色の深みが少しiPhone11Proに比べて劣ってしまいます。

しかしそこまで気にするレベルで画質が悪いかといえば、そんなことはありません。

ディスプレイサイズは6.1インチと、iPhone11ProMAXに比べたら少し小さい感じはしますが、かなり大きくなったディスプレイではないでしょうか。

片手で操作することは難しいといえます。

カメラ機能

iPhone11Pなカメラはデュアルカメラを搭載されています。

広角レンズ・超広角レンズ2つのレンズから構成されています。

iPhone11Proの望遠レンズが無い仕様となりました。

しかし、普段写真を撮るときに役に立つのは広角カメラではないでしょうか。

写真を撮影するときに、意外と広範囲での撮影が多いのではないでしょうか。

カメラを少し引いたり、少し後に下がって撮影したりすることが多いと思います。

広角カメラの方が、役に立つ機能だと私は思います。

■超広角レンズ

超広角レンズでの撮影は120度の視野で、パノラマ撮影をしないでも広角に風景写真が撮影できます。

狭い場所でも後に下がることなく広角な写真が撮れるのが、超広角レンズの凄いところではないでしょうか。

集合写真など大人数で撮影するときにも、ありがたいレンズではないでしょうか。

■ナイトモード

iPhone11シリーズより追加された新しい機能が、ナイトモードです。

夜景などの暗いところで撮影すると、今まではライトと暗黒の写真だったのではないですか。

ナイトモードの機能により、暗いところでも被写体も鮮明に映し出してくれます。

ナイトモードにより、写真撮影の幅が広がったのではないでしょうか。

ナイトモードは超広角カメラには対応していません。

■Quick Take

写真撮影モードからビデオ撮影モードに切り替えなくても、ビデオが撮影できちゃう機能です。

カメラを起動して、ビデオモードに切り替えてる暇がないってときに役に立つ機能である。

シャッターボタンを長押しすることで、ビデオ撮影が開始されます。シャッターボタンを押しているときだけ録画され、指を離すとストップします。

そのまま録画を続けたい場合は、シャッターボタンを右にスライドすることで指を離しても録画状態が持続します。

痒いところに手が届くような機能ではないでしょうか。

■バーストモード

iPhone11ではバーストモードの写真撮影方法が変更されています。

カメラのシャッターボタンを押したら、左にスライドさせてそのままの状態にすると連続撮影が開始されます。

指を離すと撮影が終了します。

Quick Takeの機能により、少し撮影方法が変更されているので気を付けましょう。

A13 Bionicチップ

iPhone11シリーズのA13 Bionicチップは、処理能力がパワーアップしました。

iPhoneが進化をするたびに、内蔵チップに対する情報が沢山流れてきます。その情報量を処理するのに時間がかかってしまうと、フリーズやカクカクした動きになってしまうのです。

そんなデータ処理もスムーズにこなしてくれるのが、A13 Bionicチップと言えるでしょう。

パワフルでストレスのない動作は、使用した人しか実感できないでしょう。

バッテリー機能

「すべてを一日一度の充電で」というAppleのキャッチフレーズがあるように、バッテリーの稼働時間がアップしています。

バッテリーの充電を気にしないで使用できるのは魅力的です。

使用頻度によっては充電をしないといけないこともあります。

価格の安さ

iPhone11はProシリーズに比べて安く購入することができます。

iPhone11Proでは10万円の価格帯が普通ですが、iPhone11では8万円程度で購入することができます。

機能の差もありますが、ハイスペックな機能を重視しなければiPhone11で十分だと思います。

iPhone11不具合・故障

画面のフリーズ

iPhoneを使用しいていたら、画面がフリーズしてしまったとの報告が数多く寄せられています。

システム上の問題でフリーズしている可能性が高いので、まずはiPhoneの再起動を試してください。

改善されないようであれば、一度iPhoneを初期化することをおすすめします。

それでも改善が見られなければ、Appleサポート・Apple Storeにて相談・修理依頼がベストではないでしょか。

画面損傷

iPhone11シリーズから全体的にガラスの強度がアップしています。

しかし画面サイズが大きくなったこともあり、落下による衝撃も大きくなってしまっています。

まだまだ画面が割れる故障は後を経たない状況であるといえます。

iPhone11シリーズの部品はとても高価なので、ケースや保護シートなどで未然に防ぎたいところです。

iPhone11:故障の際に確認すること

不具合や故障はいきなり起きてしまう物です。
では故障してしまった場合、まず何をすればいいのか?何ができるのか?

万が一の故障の時、いくつか確認しておく必要がある事をご紹介させていただきます!

シリアル番号で確認

「iPhone11」を購入すると必ず保証書が貰え、メーカー保証が1年間有効です。

中古で購入するときは、メーカー保証の残り期間を確認してください。

保証書の期限をみれば、iPhoneの製品保証期間内かを知ることができます。

ですが、「どこにしまったかわからない」「なくしてしまった」という方もいると思いますが、安心してください。

そんな時でも大丈夫です!「iPhone11」の本体には実は、シリアル番号があるので、これを見る事で保証期間内であるのかの確認が行えます。

AppleCare+ for iPhoneの確認

『iPhone11』も、メーカー保証の1年間とは別に、[AppleCare+ for iPhone]に加入することができます。

加入しているかたは、期限内なのか確認する必要があります。

加入されていない方は万が一、壊れてしまった時の代償が大きい為加入しておくのもいいかもしれません。

保証サービス未加入の方

AppleCareや他の保証サービス未加入の方、万が一故障や不具合があった場合『修理が高い!』などと安易に新機種乗り換えではなく、一度当店【ダイワンテレコム池袋店】にお問い合わせください。

きっと何かお手伝いが出来る事があるかと思います。

まとめ

iPhone11Pro MAXに比べると、機能は少し劣ると思います。

普段の生活で使うのであれば、問題ないレベルの差ではないでしょうか。

仕事などで高スペックな機能が必要の方は、iPhoneProシリーズじゃないと厳しいかもしれません。

カメラ機能もほとんど大差がないので、価格を抑えたい人はiPhone11で十分だと言えるのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る