iPhone(アイフォン)修理のダイワンテレコム池袋店は安さ・技術・部品品質で地域 No.1を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンテレコム池袋店で即日解決

修理機種一覧

MODEL

『iPhone11Pro MAX』買って損はないハイスペック機種!!

2019年9月にiPhone11シリーズの3機種「iPhone11」「iPhone11Pro」「iPhone11Pro MAX」が発表されました。

iPhone11シリーズは色々な面で、進化を遂げました。

今回はiPhone11シリーズの中から、iPhone11Pro MAXの仕様・特徴を見ていきましょう。

「iPhone11Pro Max」の仕様

機種名 iPhone11ProMax
ディスプレイサイズ 6.5 インチ
カラー ゴールド ミッドナイトグリーン シルバー スペースグレイ
カメラ 1200万画素 トリプルカメラ搭載
ID認証 Face ID
チップ A13 Bionicチップ

「iPhone11ProMax」の特徴

ディスプレイ

iPhone 11ProMAXでは「Super Retina XDRディスプレイ」が採用され、スマートフォンのディスプレイの中でも史上最高と評価されています。

解像度も2,688 x 1,242ピクセル458ppiと高水準となっている。

2,000,000:1コントラスト比を誇り、4Kテレビよりも画質は優れています。

さらに6.5インチとiPhoneの中でも大画面を誇る、とても優れたディスプレイではないでしょうか。

Appleの技術の高さに驚かされてしまいます。

カメラ機能

iPhone11Pro MAXの大きな特徴といえば、トリプルカメラではないでしょうか。

広角レンズ・超広角レンズ・望遠レンズの3つのレンズから構成されています。

一眼レフにも負けないiPhone11Pro MAXのカメラ画質・機能、どれをとっても一級品です。

■超広角レンズ

超広角レンズでの撮影は120度の視野で、パノラマ撮影をしないでも広角に風景写真が撮影できます。

狭い場所でも後に下がることなく広角な写真が撮れるのが、超広角レンズの凄いところではないでしょうか。

集合写真など大人数で撮影するときにも、ありがたいレンズですね。

■望遠レンズ

iPhone11には搭載されなかったが、iPhone11Proに搭載されました。

ズームで遠くの被写体を、近くにあるかのように撮影するためのレンズです。

ズームをしても写真の解像度の劣化を最小限に抑えるので、今までズームをして撮影すると写真が粗くなっていたものが、綺麗に撮影できるようになりました。

■ナイトモード

今までのiPhoneでは夜景や暗いところで写真を撮ると、はっきりとした写真が撮ることができませんでした。

iPhone11シリーズから、ナイトモードという機能があります。

暗い場所でも少ない光を取り込み、被写体をはっきりと映し出してくれます。

■ポートレートモード

iPhone7 Plusからも一段と進化を遂げたのが、ポートレートモードではないでしょうか。

被写体や光の強さに合わせて撮影モードが自動で設定してくれるので、簡単にプロみたいな写真を撮ることができるのです。

ポートレートモードで変化したのが、モノクロ写真が撮れるようになりました。

背景が白くなるため、プロのカメラマンがスタジオで撮影してくれたような写真に仕上がります。

A13 Bionicチップ

iPhoneの1番大事な部分でもあるA13 Bionicチップ。

グラフィック性能や処理速度の向上もそうですが、消費電力の削減が1番進化したのではないでしょうか。

iPhone Xから比較しても、4ー5時間もiPhone11Pro MAXでは稼働時間が違ってきます。

他にはFace IDのセキュリティー認証の精度も一段とアップしています。

ストレージ容量

iPhoneが進化すると共に、データ容量の消費が多くなってきました。

写真や動画を撮って保存したいるだけでも、すぐに数GBが埋まってしまいます。

容量がいっぱいになると、iPhoneの動きも悪くなってしまうでしょう。

iPhone11Pro MAXでは64GB・256GB・512GBと3種類のストレージ容量モデルが販売されています。

防水性能

iPhone11 Proシリーズから防水性能が強化されました。

今までは水深2mで最大30分の耐水性能がありましたが、iPhone11Proシリーズから水深4mで最大30分の耐水性能に上がりました。

防水性能が上がったからといえ、完璧な防水ではないので安易に水の中に入れるのはやめましょう。

5G

2020年3月末ごろに携帯各社で5Gの通信が始まりました。

通信速度がとても早く、アプリなどのダウンロードも数秒で終わるくらいです。

iPhone11Pro MAXが5Gに対応しているのかと言いますと、5Gには対応していません。

新色カラー

iPhone11Proではシルバー・スペースグレイ・ゴールドの三色でしたが、iPhone11Pro Maxにミッドナイトグリーンが追加されました。

色に深みがあるので、落ち着いた感じもあり高級感漂う色合いではないでしょうか。

iPhone11Pro Max不具合・故障

画面破損

iPhoneで多い故障は、画面の破損ではないでしょうか。

サイズも大きくなったので、落としてしまいやすくなっています。

落下などの衝撃から守るために、ケースや保護フィルムを使用して画面破損の対策をしておきましょう。

データ通信障害

iPhone11Pro MAXでは、データ通信が繋がらない不具合があります。

再起動したり、モバイルデータ通信のON/OFFにすることで改善されるようです。

iOSのアップデートを待ちたいですね。

iPhone11Pro MAX:故障の際に確認すること

不具合や故障はいきなり起きてしまう物です。
では故障してしまった場合、まず何をすればいいのか?何ができるのか?

万が一の故障の時、いくつか確認しておく必要がある事をご紹介させていただきます!

シリアル番号で確認

「iPhone11Pro MAX」を購入すると必ず保証書が貰え、メーカー保証が1年間有効です。

中古で購入するときは、メーカー保証の残り期間を確認してください。

保証書の期限をみれば、iPhoneの製品保証期間内かを知ることができます。

ですが、「どこにしまったかわからない」「なくしてしまった」という方もいると思いますが、安心してください。

そんな時でも大丈夫です!「iPhone11Pro MAX」の本体には実は、シリアル番号があるので、これを見る事で保証期間内であるのかの確認が行えます。

AppleCare+ for iPhoneの確認

『iPhone11Pro MAX』も、メーカー保証の1年間とは別に、[AppleCare+ for iPhone]に加入することができます。

加入しているかたは、期限内なのか確認する必要があります。

加入されていない方は万が一、壊れてしまった時の代償が大きい為加入しておくのもいいかもしれません。

保証サービス未加入の方

AppleCareや他の保証サービス未加入の方、万が一故障や不具合があった場合『修理が高い!』などと安易に新機種乗り換えではなく、一度当店【ダイワンテレコム池袋店】にお問い合わせください。

きっと何かお手伝いが出来る事があるかと思います。

まとめ

iPhoneの中でも最高クラスのiPhone11Pro MAXの主な特徴を書いてきました。

色々な機能が追加されて、使い方の幅が広がる機種ではないでしょうか。

もう携帯電話ではなく、コンパクトコンピュータと言えるでしょう。

少し高いお買い物になると思う人もいますが、これから長く使うのには申し分ない機種だといえます。

ページの先頭へ戻る