iPhone(アイフォン)修理のダイワンテレコム池袋店は安さ・技術・部品品質で地域 No.1を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンテレコム池袋店で即日解決

修理機種一覧

MODEL

『iPad 6』買って損はない!第6世代のパフォーマンス‼︎

2018年3月にiPad 6が発売されました。

いままではiPad Proしか使えなかった、Apple Pencilが使えるようになったのです。

イラストを描いたりするのに、ちょっと高いけどiPad Proを購入していたという人は多いかもしれません。

少し低予算で納めたい人には、iPad 6はコストパフォーマンスが良い機種だと思います。

iPad 6の主な仕様などを参考に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

iPad6の仕様

機種名 iPad 6
カラー シルバー スペースグレイ ゴールド
ディスプレイサイズ 9.7インチ Retinaディスプレイ
チップ A10 Fusionチップ
容量 最大128GB
ID認証 Touch ID

iPad 6 の特徴

・ディスプレイ
・A10 Fusionチップ
・カメラ性能
・Apple Pencil
・Magic Keyboard
・価格が安い

ディスプレイ

iPad6は9.7インチと、小さすぎず・大きすぎずのちょうど良いサイズです。

普段持ち歩くのに適したサイズではないでしょうか。

Retinaディスプレイを使用しており、解像度2,048 x 1,536ピクセルと綺麗なディスプレイと言えるでしょう。

少し気になるのが、フルラミネーションディスプレイではないことです。

光の反射を起こしやすく、明るいところでは画面が見づらいなんてことが起こります。

日差しが強いところで使用しなければ、あまり気になることはないでしょう。

A10 Fusionチップ

iPad 6のチップは「A10 Fusionチップ」が採用されています。

前作のiPad 5のA9チップからバージョンアップした形となります。

iPhone 7・iPhone 7Plusに使われているチップですが、高性能コア・高効率コアを搭載した高い能力をもつチップです。

省電力にも優れており、高い電力を使用する最新機種でもバッテリーが長持ちするのはこのA10 Fusionチップのおかげと言えます。

操作性もiPad Proにも負けないパフォーマンスを発揮するでしょう。

カメラ性能

iPad 6のカメラは800万画素と、最新のiPhone・デジカメには少し劣ってしまう。

フロントカメラは120万画素と、Face Timeを利用してのビデオ通話は画質が粗く感じるのではないでしょうか。

Apple Pencil

iPad 6より「Apple Pencil」が使えるようになりました。

iPad Proでしか使えなかったので、市販のペンを購入して使用していた人は多いのではないでしょうか。

反応が悪いなどで、使い勝手が悪い印象はありました。

Apple Pencilでは紙に絵画をしているような感覚で、筆圧などもしっかりと再現できるのが魅了くです。

Apple Pencilを感知してタッチなどをしても反応がないので、誤操作の心配もありません。

他の市販のペンを買う必要もなく、Apple Pencilひとつで十分使用できると思います。

Magic Keyboard

Magic Keyboardとは、iPad Proで使うことができるキーボードです。

トラックパッド(マウスのように使える)もついており、パソコンのように使えるのが魅力です。

2019年に販売された iPad 7では使えるのですが、 iPad 6では使用ができません。

しかしApple純正ではないのですが、Bluetooth対応のキーボードは使うことができます。

Bluetoothのマウスであれば問題なく使用ができます。

価格が安い

最新のiPad Proの処理能力には負けますが、 iPad 6もそこまで遅いということはありません。

iPad Proの価格は64GBでも10万円以上と高額となります。

iPad 6であれば、128GBでも約4万円で購入することができます。

大きい容量で安いのは魅力ではないでしょうか。

iPad 6の不具合、故障

画面破損

iPhone・iPadで1番多い故障は、画面が割れる症状ではないでしょうか?

iPadは画面が大きい分、衝撃を受けやすいと言えるでしょう。

カバーなどで保護をして、対策をしておきましょう。

タッチパネルの不具合

タッチパネルが反応しないといった不具合が発生しています。

タッチパネルが反応しないときは、再起動を試してみてください。

再起動により、タッチパネルの不具合が解消されることが多いようです。

長年使用しているとタッチパネルが劣化します。

劣化によりタッチパネルが反応しなくなった場合は、タッチパネルの交換が必要となります。

再起動しても不具合が解消されない場合は、Apple Storeや当店で修理をご検討ください。

iPad 6:故障の際に確認すること

不具合や故障はいきなり起きてしまう物です。
では故障してしまった場合、まず何をすればいいのか?何ができるのか?

高価なiPadですので、万が一の故障の時の為にもいくつか確認しておく必要がある事をご紹介させていただきます!

シリアル番号で確認

「iPad 6」を購入すると必ず保証書が貰え、メーカー保証が1年間有効です。

保証書の期限をみれば、iPadの製品保証期間内かを知ることができます。

ですが、「どこにしまったかわからない」「なくしてしまった」という方もいると思いますが、安心してください。

そんな時でも大丈夫です!「iPad 6」の本体には実は、シリアル番号があるので、これを見る事で保証期間内であるのかの確認が行えます。

AppleCare+ for iPhoneの確認

「iPad 6」も、メーカー保証の1年間とは別に、[AppleCare+ for iPhone]に加入することができます。

加入しているかたは、期限内なのか確認する必要があります。

加入されていない方は万が一、壊れてしまった時の代償が大きい為加入しておくのもいいかもしれません。

保証サービス未加入の方

AppleCareや他の保証サービス未加入の方、万が一故障や不具合があった場合『修理が高い!』などと安易に新機種乗り換えではなく、一度当店【ダイワンテレコム池袋店】にお問い合わせください。

きっと何かお手伝いが出来る事があるかと思います。

まとめ

iPad 6は価格もやすく、Apple Pencilにも対応して使い方の幅が広がりました。

カメラなどの機能はiPhoneなどに劣るところはありますが、操作性は優れているので問題ないレベルではないでしょうか。

それなりの機能は欲しいけど、予算は抑えたいという人にはおすすめです。

Apple Pencilに対応しましたが、別売となりますので必要な方は別途購入が必要となります。

ページの先頭へ戻る