iPhone(アイフォン)修理のダイワンテレコム池袋店は安さ・技術・部品品質で地域 No.1を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンテレコム池袋店で即日解決

修理機種一覧

MODEL

iPad 4

2012年に発売された「iPad4」は「iPad3」から大幅にパワーアップしたiPadとして発表され、世間を驚かせました。

8年前に発売された「iPad4」は2020年も使えるのか?

使い方を選べば2020年でも「iPad4」は現役です。

「iPad4」の主な仕様・残念なポイントと良いポイント「iPad4」の使い方を書いています。

iPad4の主な仕様

機種名 iPad4
ディスプレイサイズ 9.7インチ
ディスプレイ Retinaディスプレイ
チップ A6チップ
ストレージ量 最大128GB
最終対応iOS iOS 10.3.4

2020年「iPad4」の残念ポイント

・最新のiOSにバージョンアップできない
・Split Viewを使えない
・Apple Pencil/Smart Keyboard非対応
・性能を要求される3Dゲームを遊ぶのはキビしい

最新のiOSにバージョンアップできない

「iPad4」は 【iOS 10.3.4】までしかバージョンアップすることができません。

これから使えるアプリが、どんどん減っていくと思われます。

最近のiOSにバージョンアップしたい!ガンガン最新のアプリを使いたい方にはオススメできない「iPad4」です。

Split Viewを使えない

「iPad4」は最新のiOSに対応していないので、【Split View】を使うことができません。

【Split View】とは、二つのアプリをひとつの画面に表示できる機能です。

カレンダーをみながら、メールを返信するなど使いかたがいろいろ考えられる便利な機能になります。

Apple Pencil/Smart Keyboard非対応

Apple Pencilに非対応

メモをさっと書いたり、イラストを描いたり非常に便利な【Apple Pencil】を「iPad4」は使うことができません。

「iPad6」から【Apple Pencil】を使うことができます。

Smart Keyboardに非対応

「iPad4」はApple純正のキーボードの【Smart Keyboard】に対応していません。

Bluetoothキーボードには対応しているので、「iPad4」でキーボードを使うことはできます。

性能を要求される3Dゲームを遊ぶのはキビしい

最新の3Dゲームは非常にグラフィックが綺麗になりました。2012年発売の「iPad4」は最新のゲームを遊ぶのはキビしいです。

3Dゲームで遊びたい!人には最新のiPadがオススメです。

iPad4の良いポイント

中古価格が安い

2020年「iPad4」は中古価格2万円以下で購入できます。

最新のiPadの約半額です。「iPadを購入してもつかわなくなったらどうしよう?」と考えているあなたも2万以下で、iPadを体験できちゃいます。

一回iPadを体験してみませんか?

ふつうの使い方なら問題ない性能

SNSや動画視聴、音楽視聴、電子書籍を読むなど「iPad4」はサクサク動きます。

8年前の「iPad4」がここまで動作するのは驚きです。それだけAppleの技術力が高いのでしょう。

iPad4の使い方

・iPad4を動画再生専用機にする
・iPad4で電子書籍をよむ
・iPad4を電子写真アルバムにする
・iPad4をパソコンのサブディスプレイにする

iPad4を動画再生専用機にする

iPhoneに比べ、iPadは9.7インチと大きい画面です。

iPhoneで動画視聴すると、「動画が小さく見にくい」とかんじているなら「iPad4」で動画視聴をしましょう!

大画面のほうが動画は見やすいですよ。

iPad4で電子書籍をよむ

iPhoneは画面が小さいので、でかい紙面の新聞や雑誌などが一括で表示されず読みにくいです。

「iPad4」を使って電子書籍をよめば、画面がでかいので新聞や雑誌も読みやすいでしょう。

すこし「iPad4」はおもいので、寝ころびながら読むと腕がつかれちゃいます。

iPad4を電子写真アルバムにする

「iPad4」は最大ストレージ容量が128GBもあります。写真なら大量に保存が可能です。

デジカメやiPhoneで撮影した写真をすべて「iPad4」にまとめちゃいましょう。

あの写真どこだったけ?と探す時間がはぶけます。

デジガメの写真をiPad4に転送する方法

デジカメのSDカードを「iPad4」に挿入する方法が一番簡単です。

Apple純正の【Lightning SDカードカメラリーダー】をつかうと安全!

ちなみに「iPad4」からLightningケーブルになりました。

iPad4をパソコンのサブディスプレイにする

「iPad4」をパソコンのサブディスプレイとして使っちゃいましょう。

画面がふたつあると、パソコンでの作業効率がグーンと上昇。

一度体験すると、ひとつの画面でおこなう作業に戻れなくなりますよ。

iPad4のよくある不具合・故障

Aplle製品は最近は初期不良が少ないですが、機械には必ず不具合や故障が生じます。

自分の不注意で起きてしまったり、機械自体の故障だったり様々ですが、ここでは「iPad4」で起きてしまった不具合や故障について、お話させていただきます!

ディスプレイの損傷

やはり一番多いのがディスプレイの損傷ですね!

当店でも「iPad4」はディスプレイの損傷の修理依頼が、一番おおいですね。

カバーかフィルムで保護し、「ディスプレイの損傷」を防ぎましょう。

バッテリーの膨張

「iPad3」は急にバッテリーが膨張した!などの報告をよく聞きます。

バッテリーの膨張は危険ですので、修理店に持ち込むことをオススメします。

iPad4:故障の際に確認すること

不具合や故障はいきなり起きてしまう物です。
では故障してしまった場合、まず何をすればいいのか?何ができるのか?

高価なiPadですので、万が一の故障の時の為にもいくつか確認しておく必要がある事をご紹介させていただきます!

シリアル番号で確認

「iPad4」を購入すると必ず保証書が貰え、メーカー保証が1年間有効です。

保証書の期限をみれば、iPadの製品保証期間内かを知ることができます。

ですが、「どこにしまったかわからない」「なくしてしまった」という方もいると思いますが、安心してください。

そんな時でも大丈夫です!「iPad4」の本体には実は、シリアル番号があるので、これを見る事で保証期間内であるのかの確認が行えます。

AppleCare+ for iPhoneの確認

「iPad4」も、メーカー保証の1年間とは別に、[AppleCare+ for iPhone]に加入することができます。

加入しているかたは、期限内なのか確認する必要があります。

加入されていない方は万が一、壊れてしまった時の代償が大きい為加入しておくのもいいかもしれません。

保証サービス未加入の方

AppleCareや他の保証サービス未加入の方、万が一故障や不具合があった場合『修理が高い!』などと安易に新機種乗り換えではなく、一度当店【ダイワンテレコム池袋店】にお問い合わせください。

きっと何かお手伝いが出来る事があるかと思います。

まとめ

あなたの生活を便利にする「iPad4」の使い方

・iPad4を動画再生専用機にする
・iPad4で電子書籍をよむ
・iPad4を電子写真アルバムにする
・iPad4をパソコンのサブディスプレイにする

最新のiPadを購入をためらっている、あなた中古価格がお手頃な「iPad4」の購入を考えてみませんか?

ページの先頭へ戻る